• Multiple Intelligences meet here for Learning.

LincEnglish

LincEnglishは、東北大学 橘由加教授を主幹として開発され、アメリカのLinc English Resources, Incにて構築されたオンライン英語力習得システムです。東北大学では、LincEnglishによるアクティブ英語を全学生必修科目とし、TOEFLスコア等において大きな成果を上げています。学習管理システムで生徒・学生の学習状況を把握できます。SWだけに絞った<SWシステム>及び<英語4技能集中トレーニング>とそのLRのコンテンツを絞る等、様々な形でご提供できます。。

<WEB英語ドリル SWシステム>のご案内リーフレットをこちらです。
<WEBドリル学習 英語4技能集中トレーニング>のご案内リーフレットはこちらです。

↓ クリックすると該当箇所に飛びます。

特徴その1 英語4技能+文法・語句のオンラインドリル学習
特徴その2 SpeakingとWritingは時間計測とセルフチェックによる自主トレプログラム
特徴その3 バラエティに富んだ学習プログラム
特徴その4 マルチデバイス対応
特徴その5 問題のカスタマイズが可能(オプション)
導入校

お問合せはこちら




特徴その1 英語4技能+文法・語句のオンラインドリル学習
「話せない」「書けない」「読めない」「聞き取れない」・・・                               中学校で習う英語で言えるはずのことを表現できない、そう感じる人には、実践の前の練習が有効です。Link English は、文法や語句をドリル型のトレーニングによって「知っている」から「使える」に変えていきます。「話す」「書く」「聞く」「読む」の4技能および文法と語句について、それぞれ膨大な英語表現を問題として収録しています。
6つのレベルで約33,000の問題があります。

目次に戻る





特徴その2 SpeakingとWritingは時間計測とセルフチェックによる自主トレプログラム

学習者は、表示された和文を英語で表現して発声し、タイピングします。反応する時間を短くして、反射的に英語が出てくるまで繰り返します。

目次に戻る





特徴その3 バラエティに富んだ学習プログラム
Listening、Reading、Grammar and Vocabulary の問題も豊富です。

Listening



Reading

Sentence Insertion
やや長めの文章を読み、空いている箇所に当てはまる文を1つ選ぶ。

Grammer and Vocabulary


目次に戻る







特徴その4 マルチデバイス対応

生徒・学生個々にID・passを発行します。PC・タブレット・スマホ(iPhone・アンドロイド)等、マルチデバイス対応ですので、取り組みたいと思ったときにお手持ちの機材ですぐに学習でき、 英語に触れ合う学習時間が格段に増えます。
目次に戻る







特徴その5 問題のカスタマイズが可能

主に大学・短大向けのご提案です。専門分野の英語表現をLincEnglishのプログラムに乗せて学習できる・・・そんなコンテンツを制作します。(ご相談の上で、お見積りさせていただきます。)

目次に戻る



導入校

お問合せはこちら

このページのトップに戻る