• Multiple Intelligences meet here for Learning.

ラジオCMコピー制作講座

若者の消費者被害防止のラジオCMコピー制作講座

このページをご覧いただき、ありがとうございます。
ここは、東京都消費生活総合センターが主催する『STOP!若者の消費者トラブル ラジオCMコピーアワード』(成年年齢引下げ対策 消費者被害防止啓発事業)に応募する方に向けて、消費者トラブルの現状とラジオCMの作り方を動画で解説するためのページです。映像は次の4つに分かれています。

1.STOP!若者の消費者トラブル_1(5分)
成年年齢引下げ(18歳で成人)に伴い、消費者トラブルが起きやすい年齢も低下する可能性が高いこと、また、消費者トラブル防止を目的とした東京都消費生活総合センターの取組みを紹介します。

2.STOP!若者の消費者トラブル_2(6分)
若者の消費者トラブルの中でも、発生件数が多いトラブルをいくつか取り上げ、その対策をお伝えします。

3.ラジオCMの作り方_STEP1からSTEP2(4分)
ラジオCMを作る5つのSTEPのうち、実際にどのようなトラブルが起きているかの情報取集(STEP1)と、そこからCMのためのストーリーを考える(STEP2)までを解説します。

4.ラジオCMの作り方_STEP3からSTEP5(9分)
考えたストーリーのCMコピーへの落し込み(STEP3)、声に出して過不足を補う方法(STEP4)、全体の見直し(STEP5)、について解説します。


1と2の映像で消費者トラブルの原因や背景をよく理解することが、3と4で説明しているCMのストーリーとコピーを考える上でとても重要です。1から4まで順番に視聴してください。(合計24分)

1.STOP!若者の消費者トラブル_1(5分)

2.STOP!若者の消費者トラブル_2(6分)

3.ラジオCMの作り方_STEP1からSTEP2(4分)

4.ラジオCMの作り方_STEP3からSTEP5(9分)

動画で紹介したCMとWEBページ

STOP 悪質商法(若者向け悪質商法被害防止:30秒Ver.)
東京くらしWEB
現代TOKYO怖話ショートストーリー優秀10作品
現代TOKYO怖話動画作品

*「ラジオCMの作り方」の映像では、「現代TOKYO怖話ショートストーリー」の最優秀動画原作「僕とスマホとあのサイト」を題材として、ラジオCMの作り方を説明しました。これは一般に公開されている作品を題材とすることで、それ以外の公開作品を見る機会を皆さんに持っていただき、消費者トラブルをより深く理解していただくためです。ラジオCMコピーアワードに応募する時は、皆さんのオリジナルのストーリーでチャレンジしてください。

ラジオCMコピーアワードへの応募について

ラジオCMコピーアワードの応募資格や応募方法については、専用WEBページをご覧ください。

チラシはこちらでご覧いただけます。

東京都消費生活総合センターでは、「STOP!若者の消費者トラブル ラジオCMアワード」を実施しています。このページに掲載されている映像の著作権は東京都消費生活総合センターが所有しています。

本事業の実施については、株式会社読売エージェンシーが協力しています。弊社は同社より、このページに掲載されている映像の制作を委託されました。