• Multiple Intelligences meet here for Learning.

サイエンス

サイエンスプログラムの概要

 このプログラムは、児童・生徒が実際に実験をしながら、その内容の英語表現を聞いたり書いたりします。これにより文芸分野とは異なる科学英語の世界を体験することができます。見たままの事実を簡潔に表現することは、理系専攻の方々のみならず、英語学習者であるすべての方々にとって、英会話やプレゼンテーションのための英語の基礎ともなります。

特徴1 児童・生徒が、興味を抱き、新たな発見に出会う実験を通して、その感動や驚きを誰かに伝えたいという気持ちを持ちます。これが英語で表現することへの動機付けとなります。

特徴2 児童・生徒が、実験の状態や現象および結果を、事実として簡潔な英文で自ら表現することにより、文芸分野とは異なる科学技術分野の英語の基礎を知り、論理的な思考回路を築くきっかけとなります。

特徴3 学習レベルに応じた目標を設定します。

*BRONZE、SILVER、GOLDのコースは各々、小学生、中学生、高校生の学習レベルに対応しています。但し、中学生でもBRONZEを、高校生でもSILVERを体験可能です。
Course BRONZECourse SILVERCourse GOLD
実験に関係する単語の発音と綴りを学び、英語に親しみを持つ。単語カードでセンテンスを作り、英語の思考による表現の原則を学ぶ。論理的な文章構成で、観察した現象とその理由を説明する。

監修者: 中村尚子

特許翻訳者、United IP Management株式会社 代表取締役

青山学院大学理工学部 技術英語講師、TESOL資格(UK, ALAP)、大学英語教育学会JACET会員

キヤノン株式会社勤務と滞米生活を経て、特許翻訳者として独立。2017年にUnited IP Management株式会社を設立し、外国出願サポート、特許翻訳、社会人向け特許英語講座を運営。

事例紹介

プログラムの内容や時間はカスタマイズできます。

都内の高校に、物理、化学、生物、工学の4コースを設定したプログラムをご提供しました。(2019年4月) 「写真」をクリックすると当日の様子をご覧いただけます。

物理コース 化学コース 生物コース 工学コース
「風船ヘリコプターを飛ばす実験」で英語を学ぶ 「M&Mを食べずに浸す実験」で英語を学ぶ 「酵素カタラーゼの反応を見る実験」で英語を学ぶ 「マシュマロタワーを作る”仕事”」で英語を学ぶ
写真写真写真写真

費用

費用は、実施するコースの数や参加者の人数によって変わります。ご相談の上、ご提示させていただきます。

お問合せはこちらから