• Multiple Intelligences meet here for Learning.

教員研修

名物教師育成プログラム

概要

現役教員による研修プログラム。学校の魅力は先生のコンテンツ配信とSNSの活用で決まる!

実践で学ぶ
 このプログラムは、実際にご自身のblogを開設して投稿しSNSでシェアするという基本的な発信から実践します。すでに、発信をされていらっしゃる先生方も、まだ未着手のメディアに挑戦していただきながら発信スキルを鍛えます。さらに、発信をしたblogをSNSでシェアすることにより、サイバー空間での広げ方も実践します。こうした経験を通じて、何がNGで、どんな戦略が有効か、確認していきます。

目標が大切 
 発信を継続するためには、目標が大切です。明確な目標に向かって一生懸命に走っている人間は魅力的で、その姿は美しいものです。目標に向かって走っている姿をアウトプットする場がSNSだと考えてください。したがって、個人の人生目標がとても大切です。

脳科学の裏付け 
 脳科学で検証されている脳と心の仕組みについても詳しく学びます。人がどのような感情を持つのかという基本的な仕組みを理解できなければ、良かれと思って発信しても届きません。また、多くの方々が、良いコンテンツを作っても、それを発信することに対して心配や恐怖を体感します。「苦情がきたらどうしよう」「生徒や保護者に批判されたらどうしよう」と行動ができなくなってしまうのです。しかし、感情の仕組みを理解できれば、ネガティブな感情に左右されることなく、いわいる「メンタル」をコンディショニングできるので、コンテンツ配信に安定して向き合えます。そんな発信に伴う技術を体系的に学ぶプログラムを準備いたしました。


*<名物教師育成プログラム>は、カリキュラム株式会社と積才房合同会社が協力して皆様にご提供いたします。本件についてのご質問やお申込の際の情報は、両社で共有いたしますので、ご了承ください。

講師

寺西幸人 (芝中学校技術科教諭/鉄道模型コンテスト主宰/カリキュラム㈱代表)

5月23日(土)に予定していた第1期開講は、緊急事態宣言の延長を踏まえて延期し、6月開講とさせていただきます。

このプログラムで期待できる変化

プログラムの内容

①配信技術 ●配信目標を設定
 ・誰に対して配信するのか?
 ・どのようにして配信するのか?
②言葉の使い方 ●伝える内容の選択と書き方
 ・何を伝えればよいのか?
 ・相手に届く言葉になっているか?
③メンタルの向上 ●気持ちの持ち方
 ・何故クレームは来るのか?
 ・クレーム処理は信頼獲得のチャンス!
④実践的トレーニング ●講座:月1回/各3時間/合計18時間(オンライン可)
●課題提出とフィードバック:週1回/合計24回(メンタル向上の成果確認)
●授業動画コンテンツ配信の実践
●ファンを構築するSNS配信実践
●学校紹介、自己紹介フォーム作成
●広告配信を活用する考え方

受講予定日とスケジュール

本プログラムの受講期間は6ヵ月です。

第1回講座 6月20日(土) 開講 次回講座までの4週間、毎週課題提出
第2回講座 7月18日(土)         〃
第3回講座 8月15日(土)         〃
第4回講座 9月19日(土)         〃
第5回講座  10月17日(土)         〃
第6回講座  11月16日(土) 最終回         〃

*毎回18時~21時に行います。

参加方法

Zoomを使って行います。
本プログラムには、Zoomの基本プラン(無料)でご参加いただけます。

第1期募集

・定員:30人
 *毎週提出する課題へのフィードバックに対応するため、30名を上限とさせていただきます。
・費用:1人30万円(税別)→ 開講記念特典で1人20万円(税別)
・申込締切:2020年5月21日(木)19:00

お申込

下の申込フォームの必要事項と志望動機を入力して、「送信」ボタンを押してください。
なお、団体申込の場合は、お申込手続きの窓口となる方のお名前でお申込ください。また、備考欄に下記の内容を入力してください。
 ・参加者の人数
 ・全ての参加者のお名前

3営業日以内に、ご連絡のメールをお送りします。

【志望動機書】

お問合せはこちらから